IMG_1594a

火山灰・考(その28)

By ks-cartech, 2016/4/3 日曜日

 

昨日・今日と久々に鹿児島市街地は桜島の降灰にみまわれておりますね!

 

IMG_1594a

IMG_1599a

また鹿児島の日常となりつつあるのでしょうか?

 

久しく降灰対策をアップしていなかったので、

ポイントだけちょっとお話していきましょう!

 

どうしても避け切れない自然災害(灰じみ)のリスクを如何に減らすか?

もう一つはヒューマンエラーを無くすか?

この二つですね!

 

よく見かけられるのが、

すぐにSSさんへ駆け込み洗車機に突っ込んで灰除去されている方・・・

すぐに水道水・地下水をぶっ掛けそのまま放置される方・・・

塗装面に毛羽き・モップなどでバシャ・バシャされる方・・・

灰がコッテリ乗って知る状態でワイパーを作動される方・・・

 

どうなるかはもうお分かりでしょう!

 

爆発直後の降灰がおさまった後も舞っている灰がある為、

洗車してもすぐに灰が乗っかってまた汚れますね!

 

ではどうすれば?

降雨で灰がおさまった後にきちんと時間をとって洗車。

これがベターでしょう!

 

まとまった雨が降るまでの対策として・・・

湿気などで灰がこびりつく前にひとっ走りして灰を吹っ飛ばす!

ブロアーやコンプレッサーで灰を吹っ飛ばす!

ボディに乗っている灰を如何に少なくしておくかが、

灰ジミ(自然災害)のリスクを少なくするポイントです。

よろしければコメントをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">